厭世のコラージュ
人間にとって最も善いことは生まれてこないこと。次に善いことは早く死ぬこと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
微笑がえし
 春は別れの季節です。みなさま、ご機嫌いかがでしょうか。

 2007年11月から始めた「厭世のコラージュ」ですけれど、思うところありまして、本ブログの更新はこれで最後と致します。

 倒幕派のクーデター(革命にあらず)によって天皇が復位してからの日本は、脱亜入欧をスローガンとし近代化を押し進めてまいりました。本ブログを終了することは、あるいは当時すでに予見されていたことかも知れません。

 そうした現況において、道徳を記述的なものとみなすか、規範的なものとみなすか。目的論的か義務論的か。むしろ学校にコンドームの自動販売機を設置することこそが現実に則していると云えましょう。

 もはや絶滅危惧種の天皇一家ならば、種の保存の観点から年間70億円もの生活保護費を与えてやらねばなぬことはひとつの理由になりそうです。なるほど、流行りの武士道精神からすれば、「ぽんぽん痛いのー」と総理大臣の職を辞した安倍晋三は腹を切って死ぬべきであることに疑いはありません。

 一方で、再放送ばかり流してるクセに訴訟を起こしてでも受信料を取ろうとする日放協の姑息さには辟易させられます。また、常に他者と相対しなければオノレの存在理由すら確認できない者がいるのも事実でありましょう。それは、箸がマトモに使えない成人日本人は死刑にせよ、という主張に一定の論拠を与えてもいます。

 日本人は果たして、「今日は安全日なの」という甘言が、実は巧妙に仕組まれた罠であることを充分に理解できているのでしょうか。近年のアイドルは皆O脚であることを指摘したニーチェですら、御寮さんに厳しく問いつめられた果てに「旦さんは、ココには居てまへん」と押入れの前に立ってしまったという現実を、私たちは重く受け取らねばなりません。

 さて、神は死んでいます。登山家の多くが「山を征服する」ことを主題としていた中で、長谷川恒夫は「山の機嫌がいい時に登らせてもらうのだ」と述べました。そこにこそ日本のゆかしき男色文化が見て取れるではありませんか。弘法も筆の誤りとはよく云ったものですね。

 では、すべてのクズどもよ、さようなら。
スポンサーサイト
copyright © 厭世のコラージュ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。