厭世のコラージュ
人間にとって最も善いことは生まれてこないこと。次に善いことは早く死ぬこと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反省しろ。そして死ね
 被害者、遺族が被疑者を死刑にしてくれ云う素朴な感情は、納得はしないが理解は出来る。最高に薄気味悪いのは、そこに群がる無責任な観客である。無責任な観客を称して世論と云う。

 被告人へ執拗に反省を求める同じ口で、とっとと死ねという主流日本人の感性。「反省しろ。そして死ね」というわけだ。この傲慢さはどこから来るのだろう。

 どれほど反省したところでどのみち“殺される”ならば反省するだけ損と云うもの。宅間守はつくづく偉かった。

 23日『毎日』朝刊社会面には、光市事件と並んで、死刑になりたいからタクシー運転手を殺したという19歳自衛官の記事があった。随分と気の利いた英国式ジョークである。

【死刑制度】
国家による殺人の代理
誰が彼を殺したのか
続・国家による殺人の代理
私刑国家
再び司法と社会は敗北した
31歳フリーター(うそ)。希望は、報復。
死刑制度廃止に向けて
食と命の修学旅行
被害者参加制度
鳩山邦夫の死刑制度を問う
応報刑はだれが為
遺族の声は
殺人世論
死刑制度万歳
もっと死刑を
死刑執行民営化
スポンサーサイト
copyright © 厭世のコラージュ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。